[佐藤海苔] おいしい 焼き海苔・味付け海苔を みなさまのお手元に
信頼のブランド「太陽のりR」でおいしい 焼き海苔・味付け海苔 をみなさまのお手元に

おいしい 焼き海苔・味付け海苔をみなさまのお手元に

信頼のブランド『太陽のりR』で おいしい 焼き海苔・味付け海苔を みなさまのお手元に

『重』という等級

海苔束
佐賀有明産の中で、たったの3%程度しか取れない『重』という等級がございます。私どもも、相当量を購入しております。

『重』は、海苔の中でも初摘み(一番摘み)については、非常に肉厚で甘く柔らかい深い味わいが楽しめます。なぜ3%程度しか取れないかと申しますと、海苔生産者があえて重等級を作るというよりも、 基本は正当級を作りたいという考えをベースにしています。

その中で、破れやすい質であったり、穴が開きやすい質の海苔の葉である場合に、厚めに海苔をすいていかないと、製品化できない可能性があります。 そのため、通常よりも厚めにしていく中で、肉厚な海苔ができたりします。

それを『重』という等級で呼んでおります。私は、正統級の海苔をスライス肉と考え、『重』を海苔の厚切り肉といったイメージで考えております。

加えまして、生産者は正統級と言われる厚みを作る方々がほとんどです。『重』を作るには、正統級のノリ肉の1.25倍以上の量を必要とするため、一枚でも多くの海苔を作って売りたい生産者にとって、 『重』は状況に応じて作らざるをえなかった産物ということになります。

最初にお伝えしましたが、『重』の本当においしい海苔肉は十数回の海苔摘みのうち、新芽の初摘(一番摘み)しかないのです。 イメージとして、タケノコの新芽は甘く柔らかくおいしいが、月日が経つにつれて硬くなり食べられなくなっていくのと同じようなものです。

だから、初摘み(一番摘み)の『重』は、その初摘(一番摘み)入札会においても数%程度しかとれない非常に貴重なものになるのです。

私どもは、一人でも多くの方に、海の潮をたっぷりと含んだ独特の深い味が楽しめる『重』を提供していきたいと考えております。


※1 重 乾海苔100枚あたり350グラム以上のものをいう。
(時期や県で少し基準が異なる)
※2 正統級 乾海苔100枚あたり、300グラム前後のものをいう。
(時期や県で少し基準が異なる)

ページ上部へ

 
bootstrap-carousel.js">